【エクセル】開けない、縦列が数字、エンターで右に行く時の対処法

 

えく

「ドキュメントフォルダ」や「デスクトップ」に保存した『エクセルで作成したデータファイル』をダブルクリックで開こうとしたらエラーメッセージが出て開けない場合の対処法を紹介します。

エラーメッセージは、OSによって異なってくるようです。

以下に紹介するエラーメッセージが出た場合には、解決できる可能性が高いので、解決の手助けになれば幸いです。

その他、職場で実際にあったエクセルに関するトラブルの解決法をお伝えしていきます。

エラーメッセージ例

デスクトップにあるエクセルで作成したファイルを開こうとしたら、エラーメッセージが出て開けない?

✅ プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。

✅ 〇〇〇(ファイルパス\ファイル名)が見つかりません。名前を正しく入力したかどうかを確認してから、やり直してください。

✅ ファイル ‘path’ またはいずれかの構成ファイルが見つかりません。パスやファイル名が正しく、必要なすべてのライブラリが使用可能であることを確認してください。

「Excelのオプション」バージョン別の開き方

エクセルのバージョンによって「Excelのオプション」の開き方が違うので、下の画像を参照して使っているエクセルのバージョンを見極めましょう。

1、メニューバー「ツール」をクリック

2、「オプション」をクリック

1、「Microsoft Office」 ボタンをクリック

2、「Excel のオプション」 をクリック

1、「ファイル」をクリック

2、下の方にある「オプション」をクリック

解決方法の手順

1、新規でExcelを開く。

2、『Excelのオプション』を開き、左側の「詳細設定」をクリックしてから、右側をスクロールして「全般」を探す。
※「Excelのオプション」は少し上にスクロールして、バージョン別の開き方を参照。

3、『Dynamic Data Exchange(DDE)を使用する他のアプリケーションを無視する』にチェックが付いていたら有効になっていますので、チェックを外して無効にしてから「OKボタン」をクリックして下さい。

4、Excelを閉じて、Excelのデータファイルから直接開けるようになったか確認して下さい。

「DDE」とは?

DDE とは、【Dynamic Data Exchange(ダイナミック データ エクスチェンジ)】と言い、 動的データ交換の事を言います。

もう少し具体的にいうと「Windows上で複数のアプリケーションソフトウェア同士がデータ通信を行う技術」です。

DDEは1987年Windows2.0の時に使われていた古い技術の為、不具合が多く、Windows Vista以降、Microsoftはネットワーク上のDDEをサポートしていません。

しかし、ローカルコンピューター上なら、2021年3月現在の主流OSであるWinsows10でもDDEリンクを作成できるようです。

なお、後継である「OLE」「COM」「OLE Automation」等に殆どがその地位を奪われたようです。

「R1C1」縦の列が数字になってしまった

エクセル開いたら、縦の列がアルファベットじゃなく数字になっている?


トラブル事例:縦の列が数字になっている!


エクセルのオプションを開き、左側「数式」を選択後「数式の処理」「R1C1参照形式を使用する」のチェックを外します。


縦の列がアルファベットに戻りました!

エンターを押したらアクティブセルが右に移動?

入力後、エンターを押したら、セルが右に移動してしまう?

入力する表によって、Enterを押した時に右に移動するか下に移動するか使い分けると良いかもしれません。


エクセルのオプションを開き、左側「詳細設定」から「編集オプション」「Enterキーを押したら、セルを移動する」の方向を「下」にします。
【広告】