世界のアソビ大全51

世界のアソビ大全51【Switchレビュー評価感想】

世界のアソビ大全51
©2020 Nintendo
 
えく
今回のレビューは『世界のアソビ大全51』

500円OFFクーポンを使って購入できましたので、レビュー評価していきます。

定番なアソビからマイナーなアソビまで、全51のアソビが収録されています。

全てのアソビの紹介はしきれませんので、前半部分のアソビをピックアップし、紹介と感想を述べていきたいと思います。

各アソビはゲーム内にてムービー形式で遊び方の紹介がされていますが、ムービーを見ても「ピンとこない」ものがいくつかありました。

しかし、実際に遊んでみると、すぐに理解でき単純ながらも奥が深いアソビが数多くある印象です。

なお、体験版では4種類「ドミノ」「コネクトフォー」「大富豪」「スロットカー」が無制限で遊ぶ事ができます。

※ 記事作成日:2020年9月9日(水)

世界のアソビ大全51概要

ジャンルテーブル / パーティー / パズル
プレイ人数1~4人
メーカー任天堂
配信日2020年6月5日
DL版価格4,378円
セール時最安値セール実績なし
DL版容量2.3GB
クリア時間約40~50時間
やりこみ要素「先行、後攻」両方でやばいCPUに勝つ、全アソビ制覇
プロコン○ 使える
体験版〇 有り 「ドミノ」「コネクトフォー」「大富豪」「スロットカー」が無制限で遊べます
ストアURL
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000029715

容量について

ストアで表記されている必要な容量は「2.3GB」で、本体で確認できる容量も「2.3GB」で一致しました。
回線速度32Mbpsでの推定ダウンロード時間は「9分35秒」です。

評価基準

「評価基準」は、全てのSwitchゲームレビュー記事に設置してある『定型文』です。
評価基準を確認する場合は「+」をタップして展開して下さい。

難易度

ゲーム内で難易度を選べる場合「一番易しいモードでプレイ」した時の難易度で評価しています。
クリアが無いゲームは全て【★★☆】評価する事を予めご了承下さい。

★★★ …【難しい】心が折れて投げ出す可能性がある
★★☆ …【普 通】頑張れば「半数以上の人はクリア」できそう
★☆☆ …【簡 単】「誰でもクリア」可能

コスパ

コスパは『価格÷時間』で計算します。
時間は平均的なクリア時間、クリアが無い場合は飽きるまでの時間などを考慮。

★★★ … 1時間あたり50円以下
★★☆ … 1時間あたり51円~100円
★☆☆ … 1時間あたり101円以上
パッケージゲームの価格5,000円~1万円のソフトを買った場合「何時間遊べたら元を取っただろう?」と考えた時に、「200時間以上遊んだら満足」と判断し「10,000円÷200時間=50円」としました。

グラフィック

「Nintendo Switch」はグラフィックに力を入れているハードでは無いので、評価基準は甘め設定となっております。
★★★ … 「Wii」と同等以上
★★☆ … 「Nintendo64」と同等
★☆☆ … 「FC/SFC」と同等

ロード時間

ゲームが起動するまでの時間で判断します。
※サンディスクの「1TB」MicroSDXCカードで計測しています。

★★★ …起動41秒以上、ゲーム中のロードが長く気になる
★★☆ …起動40秒以内、ゲーム中のロードが少しある
★☆☆ …起動20秒以内、ゲーム中のロードは全く気にならない

Switch周辺機器

えく

ここでは、NintendoSwitchで使える周辺機器の記事紹介です。

少しずつ充実させていく予定でおりますので、興味のある方は是非みてください。

「周辺機器は、今は不要」という方は、そのまま次の項目へお進み下さい!

ホリのコントローラーはデザイン良いですよ!
『オススメコントローラー特集』はこちら。

「Switch用のMicroSD」の購入や
買い替えを考えている人はこちら。

世界のアソビ大全51の評価

難易度 ★★☆

51種類のアソビが収録されており、アソビ内容によって人それぞれ「得意、不得意」があると思います。

よって、全体の難易度は評価できませんが、知らなかった遊びを初めてやる時は、テンション上がります。

コスパ(ダウンロード版) ★★☆

51種類×各アソビ約1時間で計算し、50時間としました。

4,378÷50時間=「87.56円」

「500円OFF」クーポンページはこちら

ダウンロード版は、Amazonにて
『2020年10月31日まで』
「500円OFF」クーポン対象です。

コスパ(パッケージ版) ★★☆

3,773円÷50時間=「75.46円」

500円OFF使ったとしても、パッケージ版の方が105円安いです。

パッケージ版はこちら

グラフィック ★★★

任天堂製作のゲームなので、グラフィックは最高レベルです。

「Wii」レベル以上

ロード時間 ★★★

容量の割にかなり快適です。

起動時間「12秒」

タイトル〜メニュー選択「計測中 2秒」

メニュー選択〜ゲーム選択「2秒」

ゲーム選択〜遊び方ムービー開始「3秒」

ムービースキップ〜プレイする「5秒」

どんなゲーム?

✅ 定番なアソビから、マイナーなアソビまで全51のアソビを収録

✅ ゲーム選択すると、遊び方の紹介ムービーが流れる

✅ さすが任天堂、ゲーム内で遊び方は、ムービー形式で紹介されており作り込んでいる

✅ ムービー見て、ピンと来なくても、実際にプレイしてみると、だいたい理解できる

✅ 対戦型のアソビでは、CPUの強さが4段階
 『ふつう★、つよい★★、すごい★★★、やばい★★★★』がある

✅ CPUの強さは「ふつう」に勝てば次の強さの「つよい」が選択可能になり「つよい」に勝てば「すごい」、「すごい」に勝てば「やばい」が開放されていく。

収録されているアソビの紹介

『1』マンカラ

石の数を競うアソビで、目標は「やばいCPU」に勝つ事です。

・手前の6つのポケットと右端の縦長のポケットがプレイヤー側、反対がCPU側。

・「先行、後攻」を決め、全てのポケットに4個ずつの石が入った状態で、ゲーム開始。

・石を取り、右回りで取った石をポケットに1つずつ入れていく。
(例1:左から3番目の石を4つ取った場合、左から4番目、5番目、6番目、ゴールに石を1個ずつ置く)
(例2:左から6番目の石を4つ取った場合、ゴールに置いた後は、そのまま右回りに、相手側のポケットに置いていく)

「ぴったりゴール」最後に置いた石がゴールだった場合は、もう1度自分の順番になる。

「横取り」最後に置いた石が自分の空ポケットに入ると向かい側の相手の石を全部取れる。

・どちらかのポケットが空になった段階で、ゲーム終了となり、残っている石は、残っている側のゴールに移す。

・最終的にゴールにある石の数が多い方が勝ち。
攻略のヒント
「マンカラ」の感想

記念となる1つ目のゲームでしたので、遊び方のムービーをじっくり見ましたが、いまいちピンと来なくて、実際に遊んでみたらルールを理解できました。

「ふつうCPU」からスタートし、トータル9回目のプレイにして「やばいCPU」を撃破できました。

攻略法は「ぴったりゴール」と「横取り」を相手側にさせない事です。

特に「横取り」をされた場合、その勝負は負け試合といっても過言ではありません。

『2』ドット&ボックス

陣取りゲームで、目標は「やばいCPU」に勝つ事です。

・先行、後攻を決め、交互に線を引いていく

・ボックス(四角形)の最後の線を引き、ボックスを完成させた方が色を塗る

ボックスを完成させた場合、もう1本線を引く事ができる
攻略のヒント
「ドット&ボックス」の感想

ルールが単純なため、遊び方のムービーでルールの理解はできました。

CPUと交互に線の引いていく過程が思ったのと違いました。
(前半は、外枠だけ線を引くなど、結構、飛び飛びで線を引いていき、後半、一気に勝負が決まる流れ

「ふつうCPU」からスタートし、トータル8回目のプレイで「やばいCPU」に勝つ事ができました。

『3』ヨット

5つのサイコロで役を作りスコアを競うアソビで、難易度選択は無く、CPUに勝つことが目標です。

【エース】1の目の合計

【デュース】2の目の合計

【トレイ】3の目の合計

【フォー】4の目の合計

【ファイブ】5の目の合計

【シックス】6の目の合計

【ボーナス+35】エースからシックスの合計が「63点」を超えるとボーナス「35点」

【チョイス】全ての出目の合計

【フォーダイス】4つが同じ目の時、得点は5つの出目の合計

【フルハウス】同じ目が3つと2つの場合、得点は5つの出目の合計

【S.ストレート】15点:4つのサイコロの目が一連している

【B.ストレート】30点:5つのサイコロの数字が一連している

【ヨット】50点:サイコロの目が全て同じ

攻略のヒント

「ヨット」の感想

シートにある12種類の役を、サイコロを最大3回振って役を作りながら、12回戦行い、得点を競うアソビです。

役ができても、出来なくても12種類の中から1つ選ぶ必要があり、なかなか奥が深い感じがしました。

序盤は難しい役を狙っていくのがコツですが、サイコロを振るという性質上「運ゲー」要素は高いです。

1度でもCPUに勝てば、クリアとなるので、そこまで難易度は高くなかったです。

『4』コネクトフォー

落下型の4目並べで「やばいCPU」に勝つことが目標です。

攻略のヒント

「コネクトフォー」の感想

五目並べの、落下版四目並べという感じのアソビです。

「Lボタン」で一手前に戻すことは可能ですが、負ける直前に押しても「時すでに遅し」です。

「ふつうCPU」「つよいCPU」「すごいCPU」には何とか勝てましたが「やばいCPU」には何度挑戦してもドローが精一杯で、勝つ事はできませんでした。

大丈夫だろうと思って、良く見ているつもりで置いても、CPUに揃えられてしまう事が多く難しいです。

『5』ヒット&ブロー

玉の種類と並び順を当てる推理ゲームで、CPUの強さはありません。

難易度は「同色なし」「同色あり」の2種類です。

右に隠されている、玉の色と順番を8回以内に当てる推理ゲーム。

下にある6つの玉から適当に4つ選び、決定を押すと数字の下に色や場所が合っているかの指標ができます。

『ヒット』…銅色の目印で、場所と色が一致している事を示す。

『ブロー』…白色の目印で、場所は違うが色は合っている事を示す。
攻略のヒント
『ヒット&ブロー』感想

「同色なし」「同色あり」両方クリアできました。

8回以内という制限があるため、運要素も少なからずあると感じました。

昔、何の遊びだったか忘れましたが「〇ヒット〇ブロー」ではなく、「〇ストライク〇ボール」で場所と順番を当てるゲームをした記憶があります。

『6』ナインメンズモリス

3つ並べて玉を奪い合うゲームで「やばいCPU」に勝つことが目標です。

・持ち玉が無くなるまでは、1つずつ空いている「窪み(くぼみ)」に玉を置いていく。

・持ち玉が無くなったら、ボード上の線で繋がっている場所に1マス動かす。

同じ色の玉を3つ並べ「ミル」と叫び、相手の玉を自由に1つ取る事ができる。

・どちらかの玉が残り2つになったら勝負あり。

・玉を動かす事ができなくなった場合も勝ち。

・『ホッピング』…玉が残り3つになると、空いている場所なら自由に動かせる
攻略のヒント
『ナインメンズモリス』感想

初めて、このアソビの存在を知りましたが、なかなか面白かったです。

「ふつうCPU」「つよいCPU」は、初見で勝てました。

ただ、攻略のヒントにある「無限ミル」を知らずに使い「インチキくさい戦法で勝てた!」と思っていましたが、逆に必殺の配置という事で「ルール上、問題ない」ようです(笑)

『7』ヘックス

端から端まで道をつくるゲームで「やばいCPU」に勝つ事が目標です。

・先行、後攻を決める

・交互に石をおいて、相手よりも先に端から端まで道をつなげば、勝利

・四隅は、どちらの色を置いても端になる
攻略のヒント
『ヘックス』感想

単純なようで奥が深く、道をふさいだつもりでも、いつのまにか道を作られてしまい負けてしまったり。

逆にダメと思いながら、適当に置いたら道がつながって勝ててしまったり。

何が起こるかわからない感じが、面白かったです。

『8~51』その他のアソビ

残りのアソビは、簡易紹介となります事をご了承ください。

『8』チェッカー
ナナメに飛び越え、コマを取る、南フランス生まれのゲーム
『9』ウサギと猟犬
逃げるウサギと追い込む猟犬の2人用戦略ゲーム
『10』五目並べ
碁石を5つ並べよう
『11』ドミノ
並べて!倒して!…じゃない本来の遊び方
『12』チャイニーズチェッカー
連続ジャンプでゴールを目指そう
『13』ルドー
のんびり遊べるヨーロッパの定番すごろく
『14』バックギャモン
チェスに次いで多くの人が遊んでいる西洋すごろく
『15』リバーシ
相手のコマをはさんでひっくり返す定番ボードゲーム
『16』チェス
世界中で競技人口が最も多いと言われるゲーム
『17』将棋
作法を重んじる日本伝統のボードゲーム
『18』5五将棋
いきなりクライマックスのアレンジ将棋
『19』花札
季節の草花がえがかれた見た目も楽しいカードゲーム
『20』麻雀
覚えれば一生遊べる中国生まれのテーブルゲーム
『21』ラストカード
最後の1枚になったら「ラストカード」!
『22』ブラックジャック
どこまで21に近づけられるか運と度胸のカードゲーム
『23』テキサスポーカー
運と駆け引きのトランプゲーム
『24』大富豪
逆転!逆転!大逆転で盛り上がるトランプゲーム
『25』7ならべ
「7」から続く数字をならべるトランプゲーム
『26』スピード
瞬間勝負のカードバトル
『27』神経衰弱
記憶力が勝利のカギとなる数字合わせ
『28』戦争
カードの強さを競うシンプルな1対1の運勝負
『29』たこやき
たこやきに見立てたカードを1~10まで焼き上げろ!
『30』ぶたのしっぽ
同じマークを出すとアウト!のドキドキ運だめし
『31』ゴルフ
マナーが大事な紳士のスポーツ
『32』ビリヤード
頭脳と技術を駆使するオトナのアソビ
『33』ボウリング
ストライク!ダブル!ターキー!その次は…
『34』ダーツ
小さな矢を投げて得点を競う繊細な射的ゲーム
『35』キャロム
ビリヤードの原型!?インド生まれのおはじきゲーム
『36』トイテニス
ラケットでボールを打ち合うオモチャのテニス
『37』トイサッカー
世界的スポーツのサッカーをオモチャ化
『38』トイカーリング
交代でストーンを投げ合い点数を競うスポーツゲーム
『39』トイボクシング
古代ギリシャからあった格闘スポーツ
40』トイベースボール
一球入魂!ねらえホームラン!
『41』エアホッケー
空気で浮かせたパックを打ち合う
『42』スロットカー
アクセルだけの簡単操作でギリギリをせめろ!
『43』フィッシング
Joy-Conを使ってキャスティング!
『44』VSタンク
地形を生かしてスキをつく1vs1の戦車バトル
『45』協力タンク
ならべてつないで協力バトル!
『46』的あて
焦らずすばやく狙い撃て!神出鬼没のシューティング
『47』6ボールパズル
同じ色のボールを6つつなげる落ちものパズルゲーム
『48』スライドパズル
パネルを動かし道を作る!1人用の頭脳ゲーム
『49』麻雀ソリティア
同じ牌をペアにして消していく山崩しパズル
『50』クロンダイク
数字とマークの組み合わせひまつぶしの代名詞
『51』スパイダー
マークと数字をそろえる1人遊びの決定版
『おまけ』ピアノ
ちょっと一息…楽器の王様で演奏会

公式PV

【広告】