カリフォルニア スシタイムタイトル

カリフォルニアスシタイム【Switchレビュー評価感想】

カリフォルニア スシタイムタイトル
©Cool Small Games

カリフォルニアスシタイム概要

ジャンルシミュレーション / ストラテジー / パズル / アドベンチャー
プレイ人数1人
メーカーCool Small Games
配信日2019年10月3日
DL版価格800円
セール時最低価格100円 (87%OFF)
DL版容量89MB
クリア時間3時間~8時間
やりこみ要素全65ステージ★3、全実績解除
プロコン○ 使える
体験版× 無し
ストアURL
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000023907

筆者は5時間以上プレイし全65ステージ★3でクリア後にレビューしています。5時間超飽きずに楽しくプレイ出来ました。

容量について

ストアで確認できる必要な容量は「89MB」で、本体で確認できる容量は「81.9MB」でした。
回線速度32Mbpsでの推定ダウンロード時間は『21秒』です。

評価基準

「評価基準」は、全てのSwitchゲームレビュー記事に設置してある『定型文』です。
評価基準を確認する場合は「+」をタップして展開して下さい。

難易度

ゲーム内で難易度を選べる場合「一番易しいモードでプレイ」した時の難易度で評価しています。
クリアが無いゲームは全て【★★☆】評価する事を予めご了承下さい。

★★★ …【難しい】心が折れて投げ出す可能性がある
★★☆ …【普 通】頑張れば「半数以上の人はクリア」できそう
★☆☆ …【簡 単】「誰でもクリア」可能

コスパ

コスパは『価格÷時間』で計算します。
時間は平均的なクリア時間、クリアが無い場合は飽きるまでの時間などを考慮。

★★★ … 1時間あたり50円以下
★★☆ … 1時間あたり51円~100円
★☆☆ … 1時間あたり101円以上
パッケージゲームの価格5,000円~1万円のソフトを買った場合「何時間遊べたら元を取っただろう?」と考えた時に、「200時間以上遊んだら満足」と判断し「10,000円÷200時間=50円」としました。

グラフィック

「Nintendo Switch」はグラフィックに力を入れているハードでは無いので、評価基準は甘め設定となっております。
★★★ … 「Wii」と同等以上
★★☆ … 「Nintendo64」と同等
★☆☆ … 「FC/SFC」と同等

ロード時間

ゲームが起動するまでの時間で判断します。
※サンディスクの「1TB」MicroSDXCカードで計測しています。

★★★ …起動41秒以上、ゲーム中のロードが長く気になる
★★☆ …起動40秒以内、ゲーム中のロードが少しある
★☆☆ …起動20秒以内、ゲーム中のロードは全く気にならない

Switch周辺機器

えく

ここでは、NintendoSwitchで使える周辺機器の記事紹介です。

少しずつ充実させていく予定でおりますので、興味のある方は是非みてください。

「周辺機器は、今は不要」という方は、そのまま次の項目へお進み下さい!

ホリのコントローラーはデザイン良いですよ!
『オススメコントローラー特集』はこちら。

「Switch用のMicroSD」の購入や
買い替えを考えている人はこちら。

カリフォルニアスシタイムの評価

難易度 ★☆☆

誰でもクリア可能

コスパ(通常時) ★☆☆

800円÷5時間=「160円」

コスパ(セール時) ★★★

100円÷5時間=「20円」

グラフィック ★☆☆

「スーパーファミコン」レベル

ロード時間 ★★★

起動時間「14秒」

タイトル〜ステージ選択「1秒」

ステージ選択〜ゲーム開始「3秒」

カリフォルニアスシタイムってどんなゲーム?

プレイヤーは寿司屋の『板前』となって、お客さんが要求してきた『注文を素早く出す』のが目的です。ジャンルは「パズル」や「シミュレーション」に該当するのですが、『覚えゲー』要素が高く、慣れれば誰でもクリア可能なゲームと言えるでしょう。主なゲームの流れを以下に示します。

1.客から注文が来る

2.具材を組み合わせて注文された商品を作る

3.作った商品を出すと回転皿へ

4.客の前に到着した商品が正しい場合、客が商品を取る

5.1~4を数回繰り返し

6.客がお金を置いていく

7.お金を回収(回収しないと席が空かず、次の客が座れない)

全65ステージあり、うまい人は3~4時間で全ステージクリアしてしまうでしょう。

序盤は、ゲームに慣れるために数種類の注文しか来ないため、使うネタが少なく簡単に感じるかもしれませんが後半になるにつれ、色々な注文が来るようになるので頭が混乱してきますが、何度もやっている内に慣れてきますので、ゲーム自体の難易度は易しいです。

『ステージ1』のスクリーンショットです。客は『サーモンのにぎり』を要求しています。青い〇で囲った部分が今回使う具材です。青〇の中「左がシャリ」で「右がサーモン」です。順番はどちらを先に選んでもOKです。具材を選択し終わったら手元で巻いて、商品を出すと回転皿の上に商品が載せられ客まで運ばれます。正しい商品だった場合、客が商品を取ります。

 

もたもたしていると、次の客が来ました。ヒゲのおじさんは、緑茶を要求してきました。緑茶は青〇で囲んだところですがカーソルで選択するのではなく『ZR』を押すと緑茶を注ぎ、再度『ZR』を押すと客に出されます。『ZL』は白湯で、操作は緑茶と同じです。緑茶と白湯は常に入れてある状態を維持すると素早く出せます。

 

全ての客が帰るとステージクリアとなり「★1~★3」で評価され、クリア時に「お金」が手に入ります。商品を出すのが遅く、客を怒らせて帰ってしまうと評価が下がります。客には待機ゲージが有り、待機ケージが残り少なくなった場合は中央にあるクッキーを出すことで、少しだけゲージが回復するので、客の待機ゲージが残り少ない場合は惜しみなく使いましょう。クッキーは調理場アップグレードから補充できます。

調理場アップグレード

調理場アップグレードは全8項目あり、ステージクリアでお金を貯めて、商品の作成スピードや客単価をアップさせていきます。アップグレードが進むとステージ評価で★3を取るのが容易になってきます。クッキーもここで補充できます。

残念な部分

「完成商品」から「使われているネタ」がわかりにくい。モニターでプレイしてもわかりにくさを感じたので、携帯プレイだともっとでしょうか。

やり込み要素として、実績(アチーブメント)があり、ゲームが簡単な為「3ステージ連続で失敗する」は最後まで達成できませんでした。わざと3回連続失敗しない限り、取れない実績かもしれません。

トレーラー

【広告】