コンダクトトゥギャザータイトル

コンダクト トゥギャザー!【Switchレビュー評価感想】

コンダクトトゥギャザータイトル
©Northplay

コンダクトトゥギャザー概要

ジャンルアクション / パズル / シミュレーション / パーティー
プレイ人数1~4人
メーカーNorthplay
DL版価格1,690円
セール時最低価格100円
DL版容量306MB
クリア時間8時間~25時間
やりこみ要素各ステージ★3クリア
プロコン○ 使える
体験版× 無し
ストアURL
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000020829

2人(協力)プレイのやり方

2人プレイのやり方は、単にコントローラーを2つ接続するだけです。

(※4人で協力プレイする場合は、コントローラー4つ必要です。)

コントローラーが2つあれば、友達との協力プレイ
ができますが、少し注意が必要です。

2つのコントローラーは、全く同じ操作をする事ができます。

よって、操作を分担して協力プレイをする事になります。

例えば、電車が2台の時は『電車A』は1コンが操作し『電車B』は2コンが操作するという感じです。

逆に言うと、分担されていないボタンを押してしまうと協力プレイとは真逆のお互いを邪魔をするプレイになってしまいます。

容量について

ストアで表記されている必要な容量は「306MB」で、本体で確認できる容量は「299MB」でした。
回線速度32Mbpsでの推定ダウンロード時間は『75秒』です。


Amazonでも売っていますが高い(笑)

評価基準

「評価基準」は、全てのSwitchゲームレビュー記事に設置してある『定型文』です。
評価基準を確認する場合は「+」をタップして展開して下さい。

難易度

ゲーム内で難易度を選べる場合「一番易しいモードでプレイ」した時の難易度で評価しています。
クリアが無いゲームは全て【★★☆】評価する事を予めご了承下さい。

★★★ …【難しい】心が折れて投げ出す可能性がある
★★☆ …【普 通】頑張れば「半数以上の人はクリア」できそう
★☆☆ …【簡 単】「誰でもクリア」可能

コスパ

コスパは『価格÷時間』で計算します。
時間は平均的なクリア時間、クリアが無い場合は飽きるまでの時間などを考慮。

★★★ … 1時間あたり50円以下
★★☆ … 1時間あたり51円~100円
★☆☆ … 1時間あたり101円以上
パッケージゲームの価格5,000円~1万円のソフトを買った場合「何時間遊べたら元を取っただろう?」と考えた時に、「200時間以上遊んだら満足」と判断し「10,000円÷200時間=50円」としました。

グラフィック

「Nintendo Switch」はグラフィックに力を入れているハードでは無いので、評価基準は甘め設定となっております。
★★★ … 「Wii」と同等以上
★★☆ … 「Nintendo64」と同等
★☆☆ … 「FC/SFC」と同等

ロード時間

ゲームが起動するまでの時間で判断します。
※サンディスクの「1TB」MicroSDXCカードで計測しています。

★★★ …起動41秒以上、ゲーム中のロードが長く気になる
★★☆ …起動40秒以内、ゲーム中のロードが少しある
★☆☆ …起動20秒以内、ゲーム中のロードは全く気にならない

Switch周辺機器

えく

ここでは、NintendoSwitchで使える周辺機器の記事紹介です。

少しずつ充実させていく予定でおりますので、興味のある方は是非みてください。

「周辺機器は、今は不要」という方は、そのまま次の項目へお進み下さい!

ホリのコントローラーはデザイン良いですよ!
『オススメコントローラー特集』はこちら。

「Switch用のMicroSD」の購入や
買い替えを考えている人はこちら。

コンダクトトゥギャザーの評価

難易度 ★★★

見た目とは裏腹に結構ムズイ

タッチプレイだと少し簡単になるかも?

コスパ(通常時) ★★☆

1,690円÷20時間=「85円」

コスパ(セール時) ★★★

100円時ならコスパ抜群で、買って損なし!

100円÷20時間=「5円」

グラフィック ★★★

「Wii」レベル

ロード時間 ★★★

起動時間「15秒」

メニュー〜マップ「0秒」

マップ〜ゲーム開始「4秒」

ゲーム画面〜エリア「3秒」

コンダクトトゥギャザーってどんなゲーム?

『電車』の車掌となり「止まる」「走る」「レールの切替」を行い、電車を走らせます

「止まる」や「スローモーション」を駆使して、トラックや電車同士での衝突を防ぎ、なるべく人の多い駅へ向かうように「レールを切り替え」ながらステージ毎に決められた人数の乗客を制限時間内に目的地まで届ける電車アクションパズル』ゲームです。

序盤は簡単ですが徐々に難しくなり、リトライの数も難易度に比例して増えていく事になるでしょう。

ゲーム開始直後のマップ画面です。カラーの部分が「エリア1」で回りには『未開放エリア』がたくさんあるのがわかります。

エリア1を選択すると、最初の任務は「バスとぶつかるな」という事がわかり、その他にも「?」が3つあります。エリア1で4つの任務(1-1、1-2、1-3、1-4)を達成すれば、次のエリアが解放されます。

エリア「1-2」をクリアした場面です。任務達成時に残り時間「19秒」だったため評価★2になりました。安全運転を意識しすぎると最大評価の★3は貰えないようです。

難易度は2種類

難易度は『簡単』と『全速』の2種類あり、簡単だとプレイ時の電車の速度が遅くなります。

他にもスローモーションの設定は『無限∞』と『5秒』のどちらかを選べます。

スローモーションは状況把握時に積極的に使いましょう。

電車を止めるのは簡単ですが、電車を止めても制限時間は進んでしまうので、高評価を狙う場合は極力電車を止めずに任務を達成する必要があります。

トラックや電車と衝突するとゲームオーバー

衝突してゲームオーバーになっても「リトライ」ですぐにやり直しできます。

ロード時間も殆どありません。

ゴールドメダル

エリア1を全て最高評価★3でクリアし、『ゴールドメダル』ゲットです。

ギフト

ティッシュ箱みたいなギフトから、新しい電車が手に入りました!

こちらは車庫の様子です。

エリアを進めてギフトをもらうと様々な電車が手に入るようです。

エリア開放

エリア開放にはゴールドが必要で、2つ目のエリア解放には「100ゴールド」必要でした。

その先の隣接エリアでは「300ゴールド』「400ゴールド」「500ゴールド」と必要なゴールドが有ればすぐにでも開放可能のようですが、エリアによっては事前に開放していないと開放できないエリアもあります。

ゴールドが安い順に開放していくのが無難でしょう。

PV「Indie World」

2枚入りfor Nintendo Switch 強化ガラス 保護 フィルム ブルーライト 日本硝子 硬度9H 指紋防止

Amazonで見てみる

【広告】