ひっくりガエル

ひっくりガエル【Switchレビュー評価感想】

ひっくりガエル
©MUTAN
 
えく
今回のレビューは『ひっくりガエル』

結構な頻度で100円セールやっていたので、買ってみました。

元は、アナログのカードゲームだったようですが、私は、当ゲームをプレイして初めて『ひっくりガエル』というカードゲームの存在を知りました。

簡単に言ってしまえば「陣取りゲーム」ですが、対戦相手の『シンボルを予測』し、自分のシンボルを予測させない立ち回りが必要という、奥が深そうなカードゲームという印象です。

しかし、対戦相手がコンピュータの場合は、心理戦と言えるかは、正直微妙なところですから、ローカル対戦やネット対戦で、対人戦をやってみたい人にはオススメのタイトルです。

※ 記事作成日:2020年6月19日(金)

ひっくりガエル概要

ジャンルテーブル / パズル / コミュニケーション / パーティー
プレイ人数1~4人
メーカーMUTAN
配信日2018年8月9日
DL版価格800円
セール時最安値100円 (87%OFF)
DL版容量357MB
クリア時間無し
やりこみ要素無し
プロコン○ 使える
体験版× 無し
ストアURLhttps://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000011599

容量について

ストアで表記されている必要な容量は「357MB」で、本体で確認できる容量は「355MB」でした。
回線速度32Mbpsでの推定ダウンロード時間は「1分29秒」です。

評価基準

「評価基準」は、全てのSwitchゲームレビュー記事に設置してある『定型文』です。
評価基準を確認する場合は「+」をタップして展開して下さい。

難易度

ゲーム内で難易度を選べる場合「一番易しいモードでプレイ」した時の難易度で評価しています。
クリアが無いゲームは全て【★★☆】評価する事を予めご了承下さい。

★★★ …【難しい】心が折れて投げ出す可能性がある
★★☆ …【普 通】頑張れば「半数以上の人はクリア」できそう
★☆☆ …【簡 単】「誰でもクリア」可能

コスパ

コスパは『価格÷時間』で計算します。
時間は平均的なクリア時間、クリアが無い場合は飽きるまでの時間などを考慮。

★★★ … 1時間あたり50円以下
★★☆ … 1時間あたり51円~100円
★☆☆ … 1時間あたり101円以上
パッケージゲームの価格5,000円~1万円のソフトを買った場合「何時間遊べたら元を取っただろう?」と考えた時に、「200時間以上遊んだら満足」と判断し「10,000円÷200時間=50円」としました。

グラフィック

「Nintendo Switch」はグラフィックに力を入れているハードでは無いので、評価基準は甘め設定となっております。
★★★ … 「Wii」と同等以上
★★☆ … 「Nintendo64」と同等
★☆☆ … 「FC/SFC」と同等

ロード時間

ゲームが起動するまでの時間で判断します。
※サンディスクの「1TB」MicroSDXCカードで計測しています。

★★★ …起動41秒以上、ゲーム中のロードが長く気になる
★★☆ …起動40秒以内、ゲーム中のロードが少しある
★☆☆ …起動20秒以内、ゲーム中のロードは全く気にならない

Switch周辺機器

えく

ここでは、NintendoSwitchで使える周辺機器の記事紹介です。

少しずつ充実させていく予定でおりますので、興味のある方は是非みてください。

「周辺機器は、今は不要」という方は、そのまま次の項目へお進み下さい!

ホリのコントローラーはデザイン良いですよ!
『オススメコントローラー特集』はこちら。

「Switch用のMicroSD」の購入や
買い替えを考えている人はこちら。

ひっくりガエルの評価

難易度 ★★☆

ルールをわからずに、プレイすると意味不明なゲーム

コスパ(通常時) ★☆☆

5時間も遊べるかなぁ?という感想

800円÷5時間=「130円」

コスパ(セール時) ★★★

100円ならジュース飲んだと思えば…諦めもつく(笑)

100円÷5時間=「20円」

グラフィック ★★☆

「Nintendo64」レベル

ロード時間 ★★☆

起動時間「28秒」

タイトル〜プレイモード「1秒」

プレイモード〜コンピュータの人数選択「1秒」

コンピュータの人数選択〜ゲーム開始「10秒」※ロードというよりは演出で時間が掛かっているだけ。

ひっくりガエルってどんなゲーム?

✅ 4×4マスの陣取りカードゲーム

✅ 「カエル」「ネコ」「ウサギ」「キンギョ」のどれかが『シンボル』になる

✅ ゲーム終了時に場にある『自分のシンボル』の数が一番多い人が勝ち

✅ 対戦相手の『シンボル』は、ゲーム終了時まで秘密

✅ マス内にカードを置くとき、カードによって設定されている「上下左右4方向」または「四隅斜め4方向」のカードをひっくり返せる

✅ マス内の裏返しのカードの上には、カードを置く事ができる

✅ 裏返しの上にカードを置いた場合、ひっくり返す、または、ひっくり返されると元の絵柄に戻る。(裏面同士の2枚のカードが重なっている状態をイメージして下さい。2枚の重なっているカードの表も裏も絵柄がありますね。)

✅ マス内の表カードを取り除く事ができる「キャンディーカード」がある

✅ オンライン対戦やローカル対戦にて2~4人で遊べる

✅ 1人で遊ぶ場合は、コンピュータと対戦

プレイモード

オンライン通信やローカル通信にも対応

れんしゅうモード

コンピュータと対戦しながら、ルールを覚えましょう

自分 vs コンピュータ「ひとり」

ゲーム開始直後の画面です。

けっかはっぴょう

ゲーム終了時の画面で、同店の場合は同率1位のようです。

遊び方マニュアル

 
えく
ゲーム内で見る事ができるマニュアルです。

遊び方を詳しく知りたい方は熟読して下さい。

ひっくりガエル紹介動画

公式PVが無かったので、YouTubeで検索して出てきた動画です。

【広告】