LINES XL ラインズ・エックス・エル

Lines XL ラインズ・エックス・エル【Switchレビュー評価感想】

LINES XL ラインズ・エックス・エル
©Hook Games
 
えく
今回のレビューは『Lines XL』

100円セールで購入しましたので、レビュー評価していきます。

「ピクセルライン」というゲームとかなり似ていますが、ルールが違います。

全500ステージどこからでも始められます。

じっくり最初から解いていくも良し、いきなり後半の激ムズに挑戦するも良し、パズル好きの方にオススメしたいタイトルです。

※ 記事作成日:2020年8月22日(土)

Lines XL概要

ジャンルパズル/ストラテジー/学習/テーブル
プレイ人数1人
メーカーHook Games
配信日2020年8月21日
DL版価格299円
セール時最安値100円 (66%OFF)
DL版容量247MB
クリア時間20〜50時間
やりこみ要素クリアタイム更新
プロコン○ 使える
体験版× 無し
ストアURL
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000031871

容量について

ストアで表記されている必要な容量は「247MB」で、本体で確認できる容量は「232MB」でした。
回線速度32Mbpsでの推定ダウンロード時間は「58秒」です。

評価基準

「評価基準」は、全てのSwitchゲームレビュー記事に設置してある『定型文』です。
評価基準を確認する場合は「+」をタップして展開して下さい。

難易度

ゲーム内で難易度を選べる場合「一番易しいモードでプレイ」した時の難易度で評価しています。
クリアが無いゲームは全て【★★☆】評価する事を予めご了承下さい。

★★★ …【難しい】心が折れて投げ出す可能性がある
★★☆ …【普 通】頑張れば「半数以上の人はクリア」できそう
★☆☆ …【簡 単】「誰でもクリア」可能

コスパ

コスパは『価格÷時間』で計算します。
時間は平均的なクリア時間、クリアが無い場合は飽きるまでの時間などを考慮。

★★★ … 1時間あたり50円以下
★★☆ … 1時間あたり51円~100円
★☆☆ … 1時間あたり101円以上
パッケージゲームの価格5,000円~1万円のソフトを買った場合「何時間遊べたら元を取っただろう?」と考えた時に、「200時間以上遊んだら満足」と判断し「10,000円÷200時間=50円」としました。

グラフィック

「Nintendo Switch」はグラフィックに力を入れているハードでは無いので、評価基準は甘め設定となっております。
★★★ … 「Wii」と同等以上
★★☆ … 「Nintendo64」と同等
★☆☆ … 「FC/SFC」と同等

ロード時間

ゲームが起動するまでの時間で判断します。
※サンディスクの「1TB」MicroSDXCカードで計測しています。

★★★ …起動41秒以上、ゲーム中のロードが長く気になる
★★☆ …起動40秒以内、ゲーム中のロードが少しある
★☆☆ …起動20秒以内、ゲーム中のロードは全く気にならない

Switch周辺機器

えく

ここでは、NintendoSwitchで使える周辺機器の記事紹介です。

少しずつ充実させていく予定でおりますので、興味のある方は是非みてください。

「周辺機器は、今は不要」という方は、そのまま次の項目へお進み下さい!

ホリのコントローラーはデザイン良いですよ!
『オススメコントローラー特集』はこちら。

「Switch用のMicroSD」の購入や
買い替えを考えている人はこちら。

Lines XL評価

難易度 ★★☆

前半は比較的易しいステージが並んでいますが、後半は激ムズばっかりです。

コスパ(通常時) ★★★

定価で購入してもコスパは抜群ですが、発売前のあらかじめダウンロード、リリース直後、ともに100円セールでしたので、セール時を狙いましょう。

299円÷20時間=「15円」

コスパ(セール時) ★★★

パズル好きの方は買って損なしです。

100円÷20時間=「5円」

グラフィック ★☆☆

グラフィックを求めるゲームでは無いので、問題なしです。

「スーパーファミコン」レベル

ロード時間 ★★★

起動後、タイトル画面が数秒表示され、自動的にステージ選択画面に移行します。

起動時間「16秒」

ステージ選択〜ゲーム開始「1秒」

Lines XLってどんなゲーム?

✅ 全てのマスが埋まるように同じ数字を線で繋ぐパズルゲーム

✅ 全500ステージと大ボリューム

✅ ステージ毎に最短クリアタイムが記録される

ステージ選択画面

ステージNo.の下に最短クリアタイムが記録されるので、クリアタイムの短縮がやり込み要素となっています。

順番は守らなくてもオッケー、好きなステージを開始できます。

100ステージずつ並んでおり、LボタンとRボタンで切り替えます。
ステージ1~30まで順番にクリアして、慣れてきたので、ステージ450に挑戦したら8分でクリアできちゃいました。

実践プレイ

ステージ1です。

チュートリアルにしても簡単すぎやしませんか?

1と1を繋いだらクリアです。

クリアタイム1秒(笑)

 

この辺は、まだまだ易しい!

 

少しずつ難しくなっていきます。

マスが全部埋まれば良いので、解答は何通りもあるかもしれません。

 

最終問題のステージ500をネタバレするのは気が引けましたので、ステージ450に挑戦しました。

初見クリアタイムは8分1秒、結構かかりました。

総評

ステージ450をクリア後、ステージ31~50まで追加で解いてみました。

徐々に難しくなると思いきや、クリアタイムを見てもらえばわかりますが、30秒前後で解けた問題が多かったです。

苦手な問題が出てきた時でも、飛ばして、自由にステージセレクトできるのは良い点だと思います。

しかし、没頭していると、地味な作業をしている感も否めません。

作業感を無くすための遊び方の提案として、他のゲームの合間に「息抜きに1問」のような感じのプレイスタイルは如何でしょうか?

公式トレーラー

【広告】