ショパンの復活 音楽を救え&悪魔の逆襲【Switchレビュー評価感想】

ショパンの復活概要

ジャンル音楽/アクション/アーケード
メーカーForever Entertainment
配信日音楽を救え:2019年10月17日
悪魔の逆襲:2019年11月7日
DL版価格・容量音楽:500円・533MB
悪魔:500円・1.8GB
セール時の最低価格

音楽:100円
悪魔:100円

クリアまでの時間音楽:30分~
悪魔:1時間~
やりこみ要素高難易度挑戦、高スコアを目指す
プロコン◯使える
ストアURL

音楽を救え
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000024518

悪魔の逆襲
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000024578

 

評価基準

「評価基準」は、全てのSwitchゲームレビュー記事に設置してある『定型文』です。
評価基準を確認する場合は「+」をタップして展開して下さい。

難易度

ゲーム内で難易度を選べる場合「一番易しいモードでプレイ」した時の難易度で評価しています。
クリアが無いゲームは全て【★★☆】評価する事を予めご了承下さい。

★★★ …【難しい】心が折れて投げ出す可能性がある
★★☆ …【普 通】頑張れば「半数以上の人はクリア」できそう
★☆☆ …【簡 単】「誰でもクリア」可能

コスパ

コスパは『価格÷時間』で計算します。
時間は平均的なクリア時間、クリアが無い場合は飽きるまでの時間などを考慮。

★★★ … 1時間あたり50円以下
★★☆ … 1時間あたり51円~100円
★☆☆ … 1時間あたり101円以上
パッケージゲームの価格5,000円~1万円のソフトを買った場合「何時間遊べたら元を取っただろう?」と考えた時に、「200時間以上遊んだら満足」と判断し「10,000円÷200時間=50円」としました。

グラフィック

「Nintendo Switch」はグラフィックに力を入れているハードでは無いので、評価基準は甘め設定となっております。
★★★ … 「Wii」と同等以上
★★☆ … 「Nintendo64」と同等
★☆☆ … 「FC/SFC」と同等

ロード時間

ゲームが起動するまでの時間で判断します。
※サンディスクの「1TB」MicroSDXCカードで計測しています。

★★★ …起動41秒以上、ゲーム中のロードが長く気になる
★★☆ …起動40秒以内、ゲーム中のロードが少しある
★☆☆ …起動20秒以内、ゲーム中のロードは全く気にならない

ショパンの復活の評価

セールで2作とも各250円だったので購入し、2作とも難易度「やさしい」モードでクリア済みでのレビューです。2020年4月9日のセールで75%オフになり、セール時最低価格を更新しました。定価での購入はオススメしません。セール時最低価格の125円であれば、ギリギリ有りという程度です。ゲームは難しいですが操作は単純なので、楽しむ為にはある程度の慣れが必要です。飽きるのが先か、慣れるのが先かという感じです。
 筆者のプレイ時間は、1作目の『音楽を救え』は37分56秒で難易度「やさしい」モードをクリア。2作目の『悪魔の逆襲』は53分14秒で同じく難易度「やさしい」モードをクリアしました。映像やテキストを飛ばさずにプレイすれば、この2~3倍のプレイ時間が必要と思われます。音ゲーを楽しみたいなら、もう少し奮発して『VOEZ』や『DEEMO』または『初音ミクProjectDIVA』の方が面白いです。

難易度 ★☆☆

難易度「やさしい」なら誰でもクリア可能

コスパ(通常時) ★☆☆

500円÷2時間=「250円」

コスパ(セール時) ★★★

100円÷2時間=「50円」

グラフィック ★★☆

「Nintendo 64」レベル

ロード時間 ★★☆

※悪魔の逆襲で計測

起動時間「27秒」

タイトル〜ゲーム開始「6秒」

プレイ感想

 2作とも操作方法は全く同じです。プレイ環境の推奨は携帯モードでのタッチ操作ですが、筆者は据置モード(外部モニター)でプロコン操作です。コントローラーでの操作は画像を見て下さい。十字キーの「←・↑・→」ボタンの「ZL・Y・X・A」の合計7種類がピアノの鍵盤(けんばん)に割り当てられており、上から音符が流れてくるので、鍵盤の上を通過する時にタイミング良く、タッチ操作またはコントローラーの割当ボタンを押していく音ゲーです。音符の種類によって長押し操作が必要な場合もあります。

 画面の上部にゲージがあります。自分のゲージ量が敵のゲージ量を上回れば、バトル勝利です。(緑のゲージと赤のゲージを比べて、緑が占める割合が大きければ勝利)筆者は「難易度やさしい」でプロコン操作でプレイした結果、全10ステージ中、2敗したものの比較的すんなり最終ステージまでクリアできました。
● 難易度を変更しても音符の落ちてくるスピードは変わらない。
● 難易度が高くなるにつれ、クリアに必要な点数が上がる。
 よって「難易度やさしい」にしたとしても音符は嵐のように降ってくる曲もあり、操作に慣れるまでは難しく感じると思います。

 筆者は2作とも「難易度やさしい」でクリアした為、これ以上のプレイ予定はありません。2作合計で約1時間半のプレイ時間でした。音ゲー好きの方や完璧を目指すのが好きな人は、もう少し長く遊べると思います。コスパを求めるのであれば、セールで75%割引(各125円)の実績があるので、それを狙ってみてはいかがでしょうか。

『音楽を救え』ゲーム画面

今度は★2つでの勝利画面、緑のゲージは、9割以上埋まっています。余裕で勝てても★3つは貰えません。正確性が足りなかったんでしょうか。

 

難易度「やさしい」で全てのステージをクリアしたので統計を見たら、「37分56秒」でした。割引で250円とはいえ、1時間も遊べないとは!テキストやムービーを全スキップしたのが原因です。

 

『悪魔の逆襲』ゲーム画面

後発の「悪魔の逆襲」の難易度「やさしい」で全ステージクリア後の統計画面です。「音楽を救え」では37分53秒でしたが、こちらは「53分14秒」と約15分プレイ時間が伸びました。同じく、テキストやムービーは全スキップです。

 

難易度別にスコアが記録される模様です。

 

緑のゲージMAXまで埋まって勝利!しかし、星は2つです。何度もプレイしスコアを伸ばさなければ★3つは厳しい。

 

『音楽を救え』公式PV

『悪魔の逆襲』公式PV

【広告】